物流倉庫は商品や部品を保管しておくための施設です。

工場で生産が行われた完成品もあれば、これから工場に出荷待ちになっている部品を保管している施設もあるなど様々です。商品や部品にはそれぞれ数字や英字で表記が行われた製品番号のようなものが付いています。入荷が行われた時には伝票と品物をチェックして、正しいものであるのか否かを確認します。

また、工場や小売店などへの出荷時も、注文書と品物をチェックしてからトラックに積み込みを行ったり、宅配業者に持って行って貰うための梱包作業を倉庫内で行う必要があるわけです。一日に膨大な量の入出荷業務を行う中で、数字や英字の読み間違いが起こりやすくなります。

特に、多忙な時などはチェックミスを起こしやすくなりますし、追加注文が来てすぐに出荷しなければならない時なども、うっかり別の品物を梱包してしまうなどもゼロではありません。

物流倉庫の中での業務はバーコードリーダーを使って行われるケースが増えています。

バーコードリーダーは数字と英字を読み取る事が出来る装置で、伝票に記載してあるバーコード、商品や部品に記載が行われているバーコードの2つをバーコードリーダーで読み取ると、正常終了の時には両者が一致、異なる場合にはエラー音が鳴るので間違っている事に気が付きます

。人が目で確認する場合には、ミスが生じるケースもゼロではありませんが、バーコードリーダーを使えばミスはゼロになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *