バーコードリーダーとはバーコードの情報を読み取る装置のことです。

バーコードスキャナと呼ばれるバーコードリーダー専用の端末や、スマートフォンなどのアプリで読み取ります。情報を読み取る場合は通常をLEDやレーザー光線を商社してバーコードに書き込まれている、文字や数字記号などをデジタルデータ化してパソコンや他の端末に取り込んでデータとして利用していきます。

一般的によく目にするのは小売店などのレジで利用されているバーコードリーダーです。主な利用用途として、小売店などで、商品などをバーコードで管理し、店頭に並んでいる品物の数を把握したり、在庫数を把握したり、それによって入荷数を決めたりというシステムで利用されるのが一般でも知られた利用用途です。

他にも倉庫業務のシステムで利用されたり、カードゲームなどでそのカードのステータスを記憶しておくのに使われたりします。端末における読み取り方式として、ペンリーダー、CCDタッチリーダー、ロングレンジCCDリーダー、レーザースキャナー、二次元リーダー、定置式バーコードリーダーがあります。

それぞれ利用用途に応じて選ぶことになりますが、値段は読取方式に応じてかなり差があります。比較的安価なのはCCDタッチリーダーで様々なところで、広く利用されています。量販店や小売店などのレジで多く利用されているのは定置式バーコードリーダーで、バーコードをかざすだけで読み取りが出来両手を使う作業もスムーズに可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *