QRコードのQRは、素早く読み取れるという意味合いの単語から取られていて、瞬時に早く読み取ることを目的としたコードのことを言います。

インターネットの画面上に記載したり、ポスターや冊子、企業の包装紙などに印刷したりした正方形の二次元コードで、QRリーダーを使って読み取ることが可能です。具体的には、携帯電話やスマートフォンのカメラの読み取り機能やQRリーダーアプリを利用して、画面上に表示させられます。

カメラで接写して読める機種は限られているので、アプリを利用した方がいいかもしれません。リンク情報が組み込まれているので、瞬時にブラウザが起動し特定のサイトに繋がったり、特定のコンテンツが閲覧できたりするでしょう。

すぐに目的の情報を入手できるのでとても便利です。SNSでは相手とのアカウントの交換にも手軽に使えます。QRリーダーを利用すると読み取りの精度が上げることができます。多少汚れがあったり、破損していたりする場合も正しく読めるように復元機能が入っているために正確な読み込みが可能です。

上下左右のどちら側の向きからQRリーダーを使ったとしても正しく表示されます。QRリーダーのアプリはスマートフォンに導入するタイプもありますし、ブラウザやSNSに付属して使えるタイプもあります。

アプリには読み取り以外の機能が付いていることは少ないので、あまりQRコードを利用する機会のない方は、導入せずに付属して使用するタイプのリーダーを使うといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *