QRコードは、マトリックス型の2次元コードであり、これをQRリーダーで読み込む事で該当するWebサイトに移動出来たり、商品などの情報を読み取ったりする事が出来ます。

しかし、スマートフォンやタブレットでQRコードを読み込む為には、専用のQRリーダーアプリが必要でしたが、近年ではSNSのクライアントアプリやクーポンアプリなどにQRリーダー機能が搭載されている為、特に専用アプリをインストールする必要が無くなってきています。

SNSのクライアントアプリでは、QRコードをアカウント交換用に使うケースが想定されていましたが、QRコードを読み込んで外部サイトに移動する為に使う手段としても活用する事が出来ますので、そのような用途でQRリーダーアプリを使うのであれば、専用アプリを導入する必要がありません。

また、ファーストフード店などで広く導入されているクーポンアプリにもQRリーダーが採用されていますので、クーポンを得る為に専用アプリをインストールする必要性が無くなっています。

QRコードが多くの企業で活用されてきた事で、消費者は企業が提供するサービスを手間をかけずに利用する事が出来るようになっています。倉庫管理ではバーコードのように使われる事もありますので、QRコードは汎用性と応用性が高い2次元コードとして幅広く利用出来ます。

QRコードの読み込みは、かつてのように専用アプリを用意する必要が無くなってきており、利用し易い環境が整っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *