カメラをかざして読み取るだけでURLを入力すること無くウェブページへ移動したり、IDを読み取って記録できたりと私達の生活を便利にしてくれている技術の一つがQRコードと呼ばれるコードになります。

従来型の携帯電話では多くの端末にQRリーダーが標準搭載されていたため気軽にQRコードを読み取ることができていましたが、スマートフォンにはQRリーダーが搭載されていないことが多く、基本的には別途専用のQRリーダーアプリなどを導入する必要があります。

しかし実は専用のQRリーダーをわざわざインストールしなくてもQRコードを読み取る方法というのは幾つもあります。具体的にどのような方法があるのかについて確認していきましょう。

まずiPhoneを使っている人の場合ですが、iPhoneでは標準のカメラアプリにQRリーダー機能が備わっているため標準搭載されているカメラアプリでスキャンするだけで大丈夫となっています。これはiOS11からの新機能なのでもしもOSをアップデートしていない場合にはアップデートを強く推奨します。

またAndroidスマートフォンを使っている場合についてですが、多くの人が利用しているアプリであるTwitterやLINEのアプリ内にQRコードを読み取る機能が備わっています。TwitterやLINEではQRコードを利用したID交換機能があるためアプリ内にQRコードをスキャンできる機能が備わっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *