新聞などの報道でも仮想通貨などの決済方法に関する取り組みが報道されていますが、その中でも国内で開催されるオリンピックに向けての決済方法の整備が進んでいます。

その一つにQRコードを使った決済方法があり、支払いを行いたいシーンではQRリーダーを用いて、そのQRコードを読み取らせるだけで決済を即時に完了される仕組みです。実際には1人1台は所有しているスマートフォンにQRコードを表示させ、それを店側のQRリーダーで読み取るだけで料金の支払いができる様になります。

まず金融業界の銀行がその統一的な規格作りが始まっており、徐々に様々な決済のシーンでも活用できる様になる予定です。なお従来より非接触型の決済方法が存在していますが、その課題としてはそれを利用するための専用の端末や読み取るための機械などを必要とする点があります。

導入にはそれに対する予算がどうしてもかかるため、導入を見合わせたりタブレット端末の他に決済用の端末を用意しなければならないことがネックとなります。QRリーダーについては専用の端末を用意する他に、タブレットでカメラが搭載されていれば、表示されているQRコードを読み取らすことで使用することが可能です。

実際にスマートフォン一台が存在すれば財布が要らなくなるのも事実で、お札や小銭などを持ち歩かずに済みます。それだけでなくQRコードを表示させるアプリをスマートフォンの操作を行う中で起動させるだけで済むので、使いやすく楽に行うことができる点でも優れています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *