QRリーダーはQRコードを読み取ることのできる装置です。

漢字であれば1、817文字、英語なら4、296文字記録することができます。英数字だけのバーコードと異なり、情報そのものを埋め込むことができるため単なる識別コードとしてだけでなく情報交換にも使うことが可能です。

QRリーダーがあれば、QRコードによる情報交換ができるため、書類などの整理に便利です。例えば作成日、カテゴリー、作成者、承認者、保管期間などの情報を埋め込むことができるので、保管前に書類に付与しておくことで書類を開かなくても概ねの情報がわかることになります。

同じように書類を保管するファイルの背表紙やダンボールの外側に中にあるものの文書名をそのまま記録したコードを表示することでいちいち開梱する手間が省けます。手書きで簡単な表示してあるだけでは、必要になった時に見つからないと言うことになります。

最近ではタブレットに接続できるQRリーダーもあります。無線でつながるものもあるためいちいちケーブルを引っ張りながら確認する必要もありません。読みたいところに持って行ってスキャンすれば情報がタブレットに表示されます。

また、コードで表示することでそれだけは認識することができないので中身が何かわからなくなります。そのまま手書きで表示しているよりもセキュリティ確保につながります。QRリーダーがあるだけで情報の整理が簡単になって、保管することも探すことも時間をかけずに済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *