マスコミなどでは「行列のできるお店」とか「秘伝の味」などと一般受けしやすい言葉が躍っていますが、店舗で最も大切なのは集客方法です。

このように説明しますと、「味が一番大切なんじゃない?」と反論する人がいますが、このような人はマスコミに踊らされているだけです。

味はもちろん大切ですが、味覚というのは個人差があります。そしてその個人が持っている味覚というのはその人が生きてきた経験によって作られています。

ですから、同じ味覚というのは実はほとんどいないのです。もちろん同じ傾向の味が「好き」ということはありますが、あくまで似ているだけで完璧に同じ味覚の人はいません。それでもお店というのはお客様に来ていただいてお金を払ってもらわなければ成り立ちません。

重要なのはお客様に来てもらうことですが、その前段階として「知ってもらうこと」が大切です。「行列ができるお店」とか「味が素晴らしいお店」というのはこの「知ってもらう」という点において成功しているお店のことです。

そこを勘違いしていますと、間違って方向に行ってしまいます。お客様に認知してもらう方法とはすなわち「店舗の集客方法」のことです。これにはいろいろな方法がありますが、例えばマスコミに出ることもその一つですし、今はやりのSNSをうまく使うことも有効な方法です。

しかし、さらに難しいのはマスコミにでるタイミングとか頻度もとても大きな要因ですし、SNSの場合は文章が重要になってきます。こうしたことを適宜に完ぺきにできるお店が「集客に優れた店舗」ということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *