OnlinetoOfflineの略がオーツーオーです、ネットからオフラインへの行動を促すビジネス戦略の1つで近年の主流となりつつあるスタイルといえます。

例えばオンライン上でクーポンを発行して、それを店頭で使えるようにするとお客さんはたくさん足を運んでくれるといった具合です。基本的に効果測定をしやすいのがメリットで、店頭で使用したクーポンをチェックすれば利用客数を把握できます。O2Oのアプリは現在最も使われている商品でスマートフォンを利用するのが特徴です。

コンテンツ上に常にクーポンを発行することができる、店頭ではスマートフォンを従業員に見せることで簡単に割引を受けられるので現物のクーポンを発行する手間を省けます。

結果的に印刷代を削減する事が可能なのでお店側への負担も少ないです。大手モールでは実店舗とオンラインショップを同時に運営しているところが多く、これを活かしたO2Oのアプリを導入しています。

例えばチェックインするとモールで使えるポイントが貯まるのでリアル店舗とオンラインショップを両方使いやすくしているのが特徴です。専用のO2Oアプリを開発してもらうときは専門会社を利用するのが良いと言えます。

具体的にどのような機能が必要なのかを確認してから依頼するのが良いです。機能をつければ付けるほど費用も高くなるので必要になるものだけを取り付けてコスト削減をするのが理想的な開発計画となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *