O2Oとは、オフラインからオンラインへの行動を促す施策のことになります。

ただし、アパレル会社などはまずオフラインから引っ張ってくる必要があります。そのためには、まず店頭に来たお客様に対してアプリを紹介するところから始まります。店頭へ来たということは、そのお店の商品が好きなお客様という可能性が非常に高いのでダウンロードしてもらえれば次のお客様になる可能性も非常に高くなります。

アプリには、Push通知という機能も存在します。そこで現在発売された新商品などの紹介などをすることも可能になっています。また、アプリにはポイントやクーポンなどの機能を付けることも可能です。

特にクーポンはユーザにとってその店舗へ来る大きな動機になります。このようなことをO2Oと言うことになります。現在は、アパレル会社はインターネット上ではなかなか自社のサイトへのアクセスを集めることが出来ません。日本人の特徴としては集約型のモールへのアクセスをする人が多いので、自社へ直接アクセスしてくれません。

その中でアプリに関しては自社のECサイトへのリンクを作ったりすることが出来るのでアクセス数を増やすことが出来る要素になります。

そして、O2Oで店舗への誘導もPush通知などを使うことによって可能になりますので、アパレル会社に取っては現在アプリはもっとも有用性の高い広告ツールになります。今後も多くのアパレル会社が展開してくる可能性が高いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *