この数年で、日本でもスマートフォンが普及してきていました。

そのため、アパレル会社も自社専用のアプリを導入することが増えてきました。アパレル会社にとっては、アプリを導入する最大の理由はO2Oのためとなります。O2Oとは、オフラインからオンラインへという意味になりますが、オフラインのアプリからオンラインの店頭へどのように引き込むかがそれに当たります。

そのための機能がアプリ側に必要ということになります。その機能とはまずはクーポン機能となります。日本でO2Oといえばこのクーポン機能というところもありますが、10パーセントオフやそのブランド特有のものをプレゼントするなどがあります。

日本人の特有としてこのようなクーポンは非常に効果があることになります。それが最大の利点といえるでしょう。そして、もう一つの機能がポイント機能になります。ポイントを多く貯めたいというのも日本人特有の感情になるようです。海外では、そこまで人気ではないようです。

一定以上ポイントを貯めるとポイントが使えたり、ポイントに有効期限を設けることによってO2Oとしての機能を果たすことになります。

それ以外の機能としては、自社ECサイトへの導線を引く機能になります。現在日本ではモール型のECサイトが非常に人気ですが、会社側から見れば多くの手数料がかかることになってしまいます。従って自社のECサイトで購入して欲しいのですが、そのアクセス数を増やすことができません。それをアプリによって補っていくことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *