O2Oという言葉は2010年頃から使われ始めたと言われています。

O2Oは主にインターネット上での販売やサービス提供の場で使われる言葉で「OnlinetoOffline」を略したものです。

Onlineとはインターネット上を意味し、例えばオンラインショップなどが該当します。Offlineとはインターネット以外のことで、ここでは実店舗などとなります。実店舗を構えるショップなどはインターネットでもホームページを開設し活用していることが多いですが、その時、両方が何も連携していなければホームページを有効活用しているとは言えません。

つまりO2Oは、インターネットで獲得した顧客を実店舗などでの購買行動に繋げることです。そのためには何らかの手段を講じる必要があります。

何らかの手段はそれぞれの店やサービス内容に合ったものになります。例えば、ホームページを訪問した人に実店舗で使える割引クーポンを配布すると店舗へ行く人が増え、売上に繋がります。ところで、昨今はスマートフォンの普及で多くの人々が日々情報収集などに活用しています。

それならば、手軽に使えるアプリを作り、それでO2Oを実現するのもよさそうです。

例えば、先ほどのクーポン配布も一つの手段ですし、いくつかの店舗があれば、アプリ上に地図を表示し、現在位置から近くの店舗までの最短経路を表示してスムーズに来店してもらうようにもできます。またアプリにはプッシュ通知機能も付けられるので、お得情報をリアルタイムにお知らせすることもできます。

このようにO2Oではホームページ以外にもアプリを上手に活用すると、さらに売上に繋げることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *