電車に乗れば誰もがスマートフォンを持っていて、皆うつむいている姿を一度は目にしたことと思われます。

以前は新聞や雑誌だったものが今ではスマートフォンに置き換わってしまいました。各個人で1人1台といっても大げさではないくらいにスマートフォンは急速に普及してきました。

事業展開している企業もこの流れには逆らう事はできません。新たな顧客との接点として有効に活用できる道を見つけていかなくては時代に対応していけなくなってしまいます。O2OとはOnlinetoOfflineを略して記したものです。

インターネット上オンラインで情報を発信することでオフラインという現実世界にいる顧客に影響を与えていくといったマーケティングのことになります。インターネット上でのO2Oによる試みはすでに試行されていて、その効果の測定がわかりやすいという評価があげられています。

新聞やテレビなどのニュース記事でも取り上げられ、無料のク―ポンを配布することで長い行列ができたなどという例はこのO2Oによる試みといえます。スマートフォンは数々のアプリを追加していくことで便利な機能を付加していくことができます。そのアプリの中にO2Oを取り入れているものがあります。

例としては店頭で発行されたものとオンラインストアなどで発行されたポイントを統合する機能であったりアプリを通して注文や予約を受付、在庫の状況や取り置きをしてもらう機能などを備えたものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *