O2Oは「OnlinetoOffline」を略した言葉で、オンラインでのデータがオフラインへの活動に影響を与える、および行動を促進させるサービスのことです。

インターネットでの施策が新たなユーザーの獲得に結び付き、実際の購入に結び付けられることが主なメリットです。

実行後にどの程度の効果が得られたかというデータを得られやすいメリットもあります。最近ではサービス活用の幅が広がり、スマートフォンの位置情報を利用したタイプも存在しています。

O2Oアプリは様々な種類があり、低コストなので気軽に導入できるタイプから、本格的に使いたい機能性の高いタイプまであるのが特徴です。顧客へのアプローチ手段としては、webサイトやメール配信をはじめ、プッシュ通知やiBeaconなど様々な方法があり、店舗やサービスに合ったタイプを選ぶことで効果が変化します。

求める機能が揃っているアプリを選ぶことで、ユーザーへの効率的な購買誘導が可能となります。

O2Oアプリと実店舗との連携としては、どこまで情報の管理ができるかがポイントです。実店舗の在庫状況がリアルタイムで共有できれば、ユーザーの利便性が高まり手間やストレスの軽減につながります。

一方、実店舗側にも実績データなどが送信され一元化できるかなど、どれだけ連携が行えるかが重要です。O2Oアプリからデータを得ても、それを分析しなければ結果にはつながりません。

アプリの中にはリピート率やクーポンの回収率など、データを分析してくれる機能が付いているものもあり、分析結果を元に改善点が見つけやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *