パーソナライズとは閲覧したウェブページやメール、登録した個人情報などをもとに、利用者の属性情報や行動履歴などから、個別に情報や機能の提供を行う行為です。

利用者に同じサービスやコンテンツを提供する場合、それぞれの興味や関心によって有益と考える情報は違います。一人ひとりの属性や購買履歴および行動履歴に基づいて最適化することで、利用者によって関心の高い情報を的確に提供することができます。消費者が商品を購入する際、購買決定を下す際に影響を受ける情報や体験は、行動や生活スタイルによって違うのが一般的です。

パーソナライズを利用したマーケティングでは、企業が消費者に合ったマーケティングを行うことができます。消費者の購買行動は多様化しているため、パーソナライズは重要性が高まり、現在多くの企業が積極的に取り組んでいます。そのため、なるべく多くのデータを消費者から収集しようとしているのが現状です。企業はユーザーに特別な体験を提供するために、年齢や性別、住んでいる場所だけでなく、家族構成や生活スタイル、これまでの購買履歴など細かな情報を集めます。

日本では個人情報が収集されるのに抵抗がある人も多いですが、パーソナライズには消費者側にも多くのメリットが存在します。自分の需要に合った商品の提案やディスカウント情報はもちろん、購買までの様々な工程を省略することが可能です。好みに合った商品の情報を企業側が提供することで、数多くの商品から自分好みの品物を選ぶ時間が削減できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *