サイト運営で最終的なコンバージョン率を達成するためには、閲覧者に最終目的であるアクションを起こさせる必要があります。

最終的な判断は閲覧者に求められるために、行動に移るための動機付けは重要です。不特定多数の情報は閲覧者に取捨選択を迫り、煩わしに時間を取られるために必要な情報が含まれていたとしても多くは見逃される状況にあります。個人の興味や関心ごとが関連情報として羅列した場合、ほとんどの情報は閲覧者にとって有益なものになります。パーソナライズ化は閲覧者に特別感を与えます。

インターネット上では様々な行動や情報収集によって、関連項目が構築され、必要な情報が連続性を持って表示されていきます。紹介されている商品やサービスに関心があれば、訪問者の多くは重要な見込み客となり、成果率を上げることが可能になります。パーソナライズ化は道しるべとなって成果につなげることができる、最も効果が上がる方法です。閲覧履歴や特定の情報がわかれば訪問者への情報を絞り込むことが可能で、情報を利用する人は自分の興味の対象をすべて確認することができます。

サイトを訪問した人が特別感を得られるような感覚は、パーソナライズ化された環境の中では非常に効果があります。個人が利用した情報の中から関連した中身の絞り込まれた情報は、サイト訪問者が目的の行動を起こすきっかけづくりに役立ちます。ネット上のショッピングだけでなく、必要な情報を仕入れたり動画を視聴する際などにも探す手間を省くことにもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *