マーケティングオートメーションは専用の解析ソフトを情報端末にダウンロードすることによって、その中に登録した顧客のニーズを解析しこれから望むであろう商品の最新の情報提供を促すことです。

これまでのマーケティングは自社の商品を買ってくれそうな顧客をリストアップし、そのリストアップしたところに営業周りで情報提供をします。そして営業周りで好印象だった顧客に対して、再び赴いて商品の紹介を行い購買意欲を高めます。そして購買意欲を高めた結果購入にいたったら、その商品の使用感想をもとに商品のクオリティを上げて次世代の商品も購入しもらえるようにするのです。

このような流れをすることで自社の信頼性を高めることで相手に信頼してもらい、その結果相手の企業の利益を高めることでそれに関係する企業も購買してくれる可能性を高めることがマーケティングという考え方です。現在でもこのマーケティングの考え方は大事なのですが、このマーケティングオートメーションが出来た背景には唯一10年前以上の過去と違う点があります。それは物が安定供給されている中で購買人のニーズも刻々と変化するため、お店の商品もそれに合わせて変化させなければならないということです。

従来のマーケティングでは単体の商品を購入してもらい、それで信頼を勝ち取りクオリティ向上と共に購買意欲を高めるという方法ですがニーズが変化する現在では顧客の数が多いと対応が難しくなります。そこでマーケティングオートメーションソフトを取り入れることで、事前に購入した人間の情報をまとめておけば次に何がほしいのかある程度推測が経つので変化に対応できるというわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *